妊活サプリ『ママオメガ』の口コミ評価が高い理由とは?
成分と効果・副作用などを解説します。

ママオメガ,効果,副作用,口コミ

 

『ママオメガ』は、実際に妊活中だった女性開発者が作った妊活サプリです。

 

最近発売された妊活サプリの中では口コミでの評価が非常に高く、かなり売れているそうですね。

 

最大の特徴は、妊婦に不可欠な栄養素である「葉酸」に加えて、「命の脂」とも言われる必須脂肪酸「オメガ3」を配合していること。

 

ママオメガは1日分に

  • 葉酸:480μg
  • オメガ3:516mg
  • 鉄分:10mg
  • カルシウム:235mg

 

など、他社のサプリメントに比べて栄養成分が非常に豊富。
このあたりが口コミでの評価が高い理由だと思います。

 

この記事では、ママオメガを実際に飲んでみた口コミ評価

 

そして、それぞれの栄養素の効果について、これからママになりたい方のためにわかりやすく解説していきます!

 

ママオメガは口コミ評価が高い!その理由は?

百聞は一見にしかず
筆者も、このママオメガを購入して飲んでみました!

 

ママオメガ,効果,副作用,口コミ
ママオメガ,効果,副作用,口コミ

 

このようなダンボールみたいな箱に入って届くママオメガ
一箱は30袋なので、ちょうど一ヶ月分ですね。

 

ママオメガ,効果,副作用,口コミ
箱を開けると、このように小袋が詰まっています。
この小袋一袋が、一日分

 

ママオメガは「葉酸」と「オメガ3」をあわせて摂れるサプリですが、これらを一つのカプセルにまとめているわけではありません。
ママオメガ,効果,副作用,口コミ
ママオメガ,効果,副作用,口コミ
一袋には、錠剤が3粒、カプセルが2粒入っています。
これが一日分

 

おそらく錠剤が葉酸、カプセルがオメガ3だと思われます。
こうやって、異なる種類のサプリを組み合わせている商品というのは、今までの妊活サプリではありませんでした。

 

錠剤の方は、ほのかにベビースターラーメンみたいな臭いがします。
カプセルは臭いはありません。

 

この5粒を一気に飲んでもいいし、何回かに分けて飲んでもいいでしょう。

 

ただし、何回かに分ける場合は密閉できる容器に入れた方が良いですね。

 

ママオメガ,効果,副作用,口コミ
筆者の場合、手持ちのサプリメントケースに入れて、朝食後と夕食後に半分づつ飲んでみました。
食後が一番飲み忘れないですからね。

 

オメガ3は妊活だけでなく、心臓疾患の予防やコレステロールの低下、アンチエイジングにも良いという事で、しばらく続けたいと思います。

 

ママオメガを飲み始めてから、寝起きが良くなって毎日元気が出てきた気がするので、妊婦さんにも向いていると思いますね!

 

ママオメガはいつからいつまで飲むべき?

ママオメガ,効果,副作用,口コミ
厚生労働省では、「妊娠する1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで1日400μgの葉酸」を摂取することを推奨しています。
葉酸は食べ物からは摂取しづらく、一日400μgとなると、サプリメントの活用が現実的です。

 

また、オメガ3に関しては成人女性の場合は「一日1.6g」が目安量ですが、妊婦に関しては「一日1.8g」となっています。
オメガ3は、継続的に摂取し続けることで血中濃度が高まっていき、安定的な妊娠や胎児の発育をサポートするとされています。

 

妊娠はいつするかわかりませんから、結局は「妊娠を希望する方はすぐに」ママオメガを飲み始めることがオススメ。

 

葉酸は、細胞分裂をサポートする栄養素で、妊娠中に不足すると胎児の先天性異常のリスクが高くなります。
また、出産後も胎児は母乳を通じて葉酸やオメガ3を受け取り、発育のための重要な栄養となります。

 

このため、葉酸もオメガ3も、できれば授乳が終わるまでは十分な量を取り続けることが大切。

 

オメガ3に関しては、サプリでなくても青魚などからも摂取できますが、天然の青魚には水銀や放射性物質の蓄積リスクがあります。
⇒海洋生物の生体濃縮について

 

ママオメガも、妊娠中から授乳中まで飲み続けるのが理想的です。

 

ママオメガ使用者の口コミ

実際にママオメガを飲んでいる方から投稿された口コミをいくつか紹介します。
ママオメガ,効果,副作用,口コミ

○20代後半 女性 ピーチさん
ママ友の間で話題になったのでこのサプリを買うことにしました。
体重管理のためにダイエットもしていて、今の食事だけではきっと栄養が足りなくなると思ったので…。
今はおなかにいる赤ちゃんのためにも、
葉酸+オメガ3サプリを選んで良かったと思います。

○30代前半 女性 マリンさん
妊活中のため購入してみたはものの、今のところ効果はまだ実感していません。
定期コースでは、半年以上の目安のコース内容になっているので、
サプリを実感するには少し長めにみたほうがいいのかなと思いました。
でも、定期コースなら値段もだいぶお得になるので助かっています。
回数縛りが無いのも安心でした。

○20代 女性 サクラさん
このサプリは旦那といっしょに飲んでいます。
飲みやすく、妊活中に必要な栄養をたくさん取ることができるので
結構気に入っています。
30代の旦那も元気が出てきたみたいで張り切っています(笑)

◯30代 女性 カスミさん
そろそろ子どもが欲しいと思って、調べて一番良さそうなママオメガを購入しました。
その効果かどうかはわかりませんが、飲み始めて3ヶ月で妊娠発覚。
葉酸やオメガ3は妊娠中から授乳中まで必要ということなので、
無事出産して現在4ヶ月ですが、今でも毎日ママオメガを飲んでいます。
最近は赤ちゃんにもオメガ3が重要という事がわかってきているので、とてもありがたいサプリです。

ママオメガが人気のポイント

ママオメガ,効果,副作用,口コミ

葉酸+オメガ3を摂れる唯一の妊活サプリである
成分が豊富なのに値段が高くない
定期コースの回数縛りが無い、いつでも辞められる
男女ともに飲める
妊娠前から授乳中まで必要な栄養をカバーしている

 

ママオメガの成分と効果について

ここからは、ママオメガの成分とその効果について解説していきます。

 

妊娠を希望される方、妊娠中の方、授乳中の方などに役立つ知識になれば幸いです。

 

ママオメガ,効果,副作用,口コミ

ママオメガ”葉酸”について

妊活中や妊娠中、出産後に至るまでママと赤ちゃんの身体にとって重要になる栄養素が、葉酸です。

 

葉酸は誰にとっても有用になるビタミンですが、妊婦には特に重要なのは、胎児の成長を助ける機能があるからです。
妊娠中に不足させてしまうと、発育不全の問題を発生させる可能性があることから、一般の人よりは多めに摂取することが求められている状況です。
厚生労働省の推奨によれば、妊娠時には400μgを1日に摂取することとされています。

 

食物から摂取した葉酸は、体内に取り込まれる段階では細胞分裂や核酸の合成を促進させて、病気に強い肉体を作るためのサポートを行ってくれます。
不足する場合には、貧血の状態になることがあるため、意識的に摂取することは非常に重要です。

 

葉酸はデリケートな性質を持っているビタミンでもあるため、食事で摂取する場合には、巧みな工夫をしなければ失われる分が出てくることがあります。
熱に対しては弱い性質を持っていますから、野菜などを全て加熱して調理すると、厚生労働省が推奨する量を摂取できなくなる恐れがあります。

 

毎日の食事が不規則になっている場合には枯渇するのは当然ですが、頑張っても不足することが少なくないため、妊娠している人にとって使いやすい葉酸サプリがおすすめ。
サプリも上手に使うことによって、食事の負担を大幅に軽減させながら、妊娠時に大量に必要になる葉酸の摂取量を安定的に供給することができるのです。

 

ママオメガ”オメガ3”の妊活への効果について

ママオメガ,効果,副作用,口コミ
オメガ3とは、体の様々な機能に重要な必須脂肪酸です。

 

人間の3大栄養素は「タンパク質」「炭水化物」「脂質」ですが、「脂肪は肥満の元」というイメージが有り、何かと敬遠されがち。
しかし、人間の体を作るために脂肪は不可欠で、その中でも特に重要で、しかも不足しやすいのが「オメガ3」

 

数ある脂肪酸の中でも、オメガ3に分類されるのは「DHA(ドコサヘキサエン酸)」、「EPA(エイコサペンタエン酸)」、「αリノレン酸」など、聞いたことがある方も多いと思います。

 

DHAは脳細胞の成長をサポートして頭が良くなる、EPAは血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ効果などが知られています。

 

加えて、近年の研究ではオメガ3必須脂肪酸は”妊娠を希望する女性”にとっても、不可欠な栄養素であることがわかってきたのです。

 

サプリメント大国のアメリカでは、数あるサプリの中でも「オメガ3サプリ」が「マルチビタミン」を抑えて売上1位になったとか。
ある調査では、アメリカの成人の約7.8%(1880万人)および4?17歳の1.1%(664,000人)が過去30日以内にオメガ3サプリメントを摂取していたそうです。

 

ママオメガ,効果,副作用,口コミ

オメガ3サプリで妊娠成績が向上

生殖医療専門医の松林秀彦さんのブログで、アメリカの研究で「オメガ3の摂取によって妊娠率・出産率が向上」したとする実験結果が紹介されていました。

Hum Reprod 2018; 33: 156(米国)doi: 10.1093/humrep/dex335
要約:2006〜2016年に100名の女性で136周期の体外受精を行い、オメガ3脂肪酸摂取と妊娠成績の関係を前方視的に検討しました(EARTHスタディー)。オメガ3脂肪酸の測定はCD3とCD9でガスクロマトグラフィー法で行いました。全脂肪酸におけるオメガ3脂肪酸の割合の中央値は4.7%でした。長鎖オメガ3脂肪酸摂取量増加に伴い、臨床妊娠率と出産率は有意に増加しました。
例えば、長鎖オメガ3脂肪酸摂取量が1%増加すると、臨床妊娠率と出産率は8%増加し、飽和脂肪酸の代わりに長鎖オメガ3脂肪酸摂取量が1%増加すると、出産率は2.37倍に増加しました。
https://ameblo.jp/matsubooon/entry-12341406523.html

 

妊娠中のオメガ3で子どもの喘息・アレルギーを予防

デンマークのコペンハーゲン大学が行った研究では「妊娠中のオメガ3脂肪酸摂取は子供の喘息を減らす」という結果が発表されています。

12月29日号The New England Journal of Medicine掲載論文
 研究では736人の妊婦さんをランダムに2群に分け、片方にCRODA社のオメガ3脂肪酸サプリ(2.4gのEPA+DHA)、もう片方に同量のオリーブ油を妊娠24週から出産後1週まで摂取してもらい、生まれた子供を5年にわたって追跡し、喘鳴症状、あるいは医師により確認された喘息の発症率を調べている。
結果は明確で、喘鳴や喘息の3歳時点での発症率は、オリーブ油群で23.7%、魚油群で16.9%だ。
30%の低下を大きいと見るか、たいしたことはないと見るか意見は異なるかもしれない。
しかし、あらかじめ血中のEPAとDHA濃度が低いことを確認した母親を抽出して調べると、オリーブ油群34.1%に対し魚油群では17.5%と半分に低下する。一方もともと魚を多く取っていて血中のEPA,DHAが高いお母さんでは、あまりサプリの効果はないことも示されている。
したがって、メカニズムはよくわからないが、オメガ3脂肪酸を妊娠中期以降に摂取すると、子供の喘息を防ぐ効果があると結論していいだろう。
http://aasj.jp/news/watch/6289

オメガ3が早産のリスクを減少させる

オーストラリアの南部豪州保健医療研究所が行った研究では「妊娠中のオメガ-3系脂肪酸の摂取の増加は、早産リスクの低下と関係がある」とする結果が示唆されています。

研究チームは、早産リスクにおける長鎖オメガ-3系脂肪酸、特に魚に豊富に含まれるDHAとEPA、の働きに注目して系統的レビューを実施した。70件のランダム化臨床試験を解析した結果、妊婦が毎日長鎖オメガ-3系脂肪酸を摂取することが、以下のことと関連することを発見した。
●早産(37週未満)のリスクが11%低下
●超早産児(34週未満)のリスクが42%低下
●低出生体重児(2,500g未満)のリスクが10%低下
「早産を防止する方法は多くないので、この新しい知見は妊婦、子供、医療者にとって極めて重要である」と主任研究員のミドルトン准教授は言う。
http://www.nibiohn.go.jp/eiken/linkdediet/news/FMPro%3F-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=65389&-lay=lay&-Find.html

ママオメガ,効果,副作用,口コミ

ママオメガ・オメガ3の副作用リスクは?

厚生労働省が展開する「統合医療」情報発信サイトには、オメガ3の副作用・安全性について以下のように記載されています。

 

通常、オメガ3系脂肪酸サプリメントは副作用が認められません。
副作用が認められる場合は、一般的に、おくび、消化不良、下痢など軽度の胃腸症状です。
魚類や甲殻類にアレルギーを有する人が魚油サプリメントを安全に摂取できるかどうかは不明です。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/10.html

 

魚由来のオメガ3サプリの場合、魚類やエビアレルギーの方などは注意が必要とされています。

 

この他、葉酸についてはサプリメントからの一日の上限摂取量は一日1000μgとされています。

 

いずれにしても、ママオメガも沢山飲んだから効果が上がるようなものではないので、一日の摂取量を守って継続的に利用する分には、副作用のリスクは極めて低いと言えそうです。

 

ママオメガ,効果,副作用,口コミ

ママオメガ全成分

ドロマイト(Ca、Mg高含有ミネラル素材)、ゼラチン、食用アマニ油、有機サチャインチ種子油、チアシードオイル、亜鉛含有酵母、デキストリン、キシロオリゴ糖、酵母(銅含有)、マキベリー果実パウダー、カムカムエキス末、ゴジベリーエキス末、ヒハツ抽出物 / ビタミンC、乳化剤、グリセリン、ソルビトール、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、パントテン酸Ca、ヘム鉄、ビタミンB12、セラック、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸 ・アレルギー物質:ゼラチン

魚由来のオメガ3には生体濃縮のリスクがある

ママオメガ,効果,副作用,口コミ
ここまで、オメガ3の妊活への効果について良いことばかり書いてきました。

 

オメガ3といえばイワシやサバなどの青魚に豊富なので「ならば今日からお魚をたくさん食べよう!」というのはちょっと注意が必要です。

 

イワシやサバなどの回遊魚は、広い範囲を泳ぎ回って小魚を食べます。
海には水銀や放射性物質、化学物質など多くの有害物質が漂っていて、小さな魚もこれを食べます。

 

小魚が水銀を食べて体内に溜まる

その小魚を食べる大きな魚に水銀が溜まる

その魚を食べる更に大きな魚に水銀が…

 

このように、食物連鎖の上に行くほど有害物質の濃度が高まっていくことを「生体濃縮」と言います。

 

イワシやサバなどの回遊魚は生体濃縮のリスクが高いため、食べ過ぎには注意が必要です。
厚生労働省でも、特に胎児や幼児の神経系に有害な毒性物質である水銀の含有量が高い海産物は避けるよう忠告しています。

ママオメガは植物系のオメガ3のみを使用で安心

オメガ3サプリを摂るにしても、手軽に大量生産できる魚由来のオメガ3には、水銀や放射性物質の含有リスクがあります。

 

ママオメガは、大切な赤ちゃんや母体を守るために、魚由来のオメガ3を一切使用せず、亜麻仁油やエゴマ油などの「植物由来のオメガ3」のみを使用しています。

 

「オーガニック&植物由来のオメガ3」、また、10の無添加(魚由来のOMEGA3不使用、トランス脂肪酸フリー、ショ糖脂肪酸エステルフリー、

 

合成香料不使用、合成保存料不使用、合成着色料不使用、防カビ剤不使用、膨張剤不使用、石油系原料不使用、人口甘味料不使用)、
残留農薬・放射性物質・水銀&重金属類試験済みで、デリケートな時期だからこそ、品質に徹底的にこだわった安心の妊活サプリなんです。

 

ママオメガ,効果,副作用,口コミ

まとめ:ママオメガは母体と赤ちゃんの健康を安心してサポートしてくれる妊活サプリ

健やかな赤ちゃんのためには継続が大事なので、衛生的&持ち運びに便利な個包装&妊娠期間の10ヵ月をサポートしてくれるお得な定期便なのも魅力です。

 

現在、期間限定で「初回2,560円(税抜、送料無料)」のキャンペーンを行っているようなので、
ママオメガが気になった方はお早めにチェックしてみてくださいね。